引越のキャンセル






引越業者と契約したのに、以下のような自己都合でキャンセル(解約・延期)する場合、キャンセルする日によってはキャンセル料が必要となります。


・引っ越しが中止になった

・引越しが延期になった

・他の引越会社のほうが料金が安かったので乗り換えた


つまり、引越前日までの自己都合によるキャンセルにはキャンセル料がかかる、解約だけでなく延期でもキャンセル料がかかるということです。


ただ延期の場合は、引越会社によってはキャンセル料を取らない場合もありますので、いずれにしても契約した後に何か変更等があったら早めに引越業者に連絡しましょう。


 引っ越しのキャンセル料金



多くの引越業者が採用している『標準引越運送約款』ではキャンセル料(解約料)について以下のように定めています。


引越当日のキャンセル見積書に記載された料金の20%以内

引越前日のキャンセル見積書に記載された料金の10%以内


上記の通り、引越前日までのキャンセルにはキャンセル費用が必要となりますが、引越会社がすでに実施、着手している附帯サービス(見積書に明記したものに限る)があれば、キャンセル料とは別にそれに要した費用も支払わなければなりません。


また基本的に雨でも引越は行われますが、地震、台風などによって引っ越し自体が困難になった場合や、引越業者側からキャンセル(解約・延期)する場合は当然キャンセル料はかかりません。


標準引越運送約款ではなくその引越会社独自の約款を定め、それが認可されている場合はそちらの約款が優先されますので、契約する前にキャンセルなどについてどのような定めとなっているのかを確認しておきましょう(見積書の裏面に記載されていることが多いので確認しておきましょう)。


標準引越運送約款では、「引越会社は引っ越し2日前までに見積書の記載内容の変更の有無について確認すること(電話確認など)」と定めており、この確認の連絡がない場合は、例えキャンセル料が発生する時期(引越し当日or引越し前日)にキャンセル(解約・延期)した場合でも、引越業者はキャンセル料金を請求できないこととなっています。



 引越しのキャンセル連絡について



上記の通り、引越当日、前日にキャンセルすればキャンセル費用が発生しますが、逆にそれ以前のキャンセルでは基本的にキャンセル料はかかりません(引越業者がすでに実施、着手している附帯サービスがあれば別)。


そこで1度は契約したが、その後、契約した引越会社よりも料金が安い引越業者が見付かった場合、乗り換えることもあるかもしれません。


その場合、自分からキャンセル(解約)の連絡(電話)がしにくい場合、新たに契約した引越業者が代わってキャンセルの連絡を入れてくれることもあるので、そのような状況になった場合は新たに契約した引越会社に頼んでみましょう。




最短45秒で最安業者が見つかる♪

LIFULL引越し見積もりなら130社以上の引越会社の中から1番安い業者がすぐに分かります。



引っ越し費用を安くする方法

引越し前に確認しておきたいこと

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年7月24日

お問い合わせ


Copyright © 2011-2017 引っ越し料金を安くするガイド. All rights reserved